MENU

目のクマを入浴で解消できるか?

目のクマ,入浴
若い頃はそうでもなかったのですが、30歳を過ぎた頃から少しでも夜更かしをしたり、疲れが貯まると目のクマができるようになってきました。

 

しかもいぜんとくらべてなかなか治りにくいんですよね。

 

目のクマができると見た目より老けて見えてしまうのも悩みの種です。

 

実はそんな困った目のクマを解消するために簡単な良い方法があるんです。

 

それは入浴をすることです。

 

入浴をするだけで目のクマが取れてさらに疲れも解消できるんだから一石二鳥ですよね。

 

そこでここでは入浴で目のクマを取る具体的な方法について紹介します。

 

なぜ入浴で目のクマがとれるのか?

目のクマ,入浴
そもそもなぜ入浴をすることで目のクマがとれるのでしょうか?

 

それは目のクマの原因が寝不足や疲れが貯まることで目の周りの毛細血管に血行不良が起こることにあるからです。

 

目の周りの毛細血管が血行不良を起こすと血液が鬱血して、その部分の毛細血管が黒く見えるようになります。

 

そして目の周りの皮膚は顔の他の部分と比較して薄いので、黒く鬱血した毛細血管が透けて見えやすいです。

 

その結果、目の周りの毛細血管の血行不良が目のクマとして見えることになります。

 

ただし入浴で解消できるクマは血行不良が原因のクマである青クマのみです。

 

皮膚にメラニン色素が付着して色がついて見えてしまう茶クマや、目の下の皮膚がたるんで影がクマのように見える黒クマには入浴は効きません。

 

目のクマを解消するための入浴方法

目のクマ,入浴
目のクマのうち目の周りの毛細血管の血行不良が原因の青クマには入浴が有効です。

 

そこで青クマを解消するための具体的な入浴方法を説明します。

 

まず40度以下のぬるめのお湯のリラックスした状態でゆっくりつかります。

 

できれば普段の入浴時よりも長めの時間(15分から20分程度)をかけてお湯に入ると良いでしょう。

 

そして入浴の効果をより高めるために目の周りをマッサージするとなお効果的です。

 

目の周りをマッサージすることで目の周りの毛細血管に滞った血流が良くなって、クマが解消されやすくなります。

 

なおマッサージをする時には目尻の方から下まぶた、目頭、上まぶた、の順番に円を描くように薬指でやさしくマッサージをしてください。

 

この時強く押しすぎたり、こすり過ぎたりしないように気をつけてください。

 

目のクマを悪化させないために

目のクマ,入浴
目のクマが出来てしまった場合には何よりも原因を取り除くことが大切です。

 

したがって普段から寝不足や疲れが貯まらないように気をつけるのはもちろん、普段からリラックスして目の周りマッサージしながら入浴することを毎日の習慣にすることをオススメします。

 

>>目のクマ解消に最適なアイキララの購入方法