MENU

アイキララに含まれている成分について

アイキララ,成分

アイキララは気になる目の下のクマの対策に非常に有効ということで口コミでも高い人気を得ているアイクリームです。

 

特にこれまで化粧品やコンシーラーで隠すしか無かった目の下のクマを、根本からケアできるということで高い評価を得ています。
アイキララ,成分
そんなアイキララですがどのような成分が使われているのか、特に敏感肌の方やアレルギーを持ってる方は気になるのではないでしょうか。

 

目の周りというデリケートな部分に塗る商品なので、危険な成分が入っていないか、また肌荒れ等の肌トラブルや副作用が心配な方が多いと思います。

 

そこでアイキララに使われている気になる成分について調べてみました。

 

アイキララに使われている全成分

 

アイキララに使われている全成分は次のようになっています

 

アイキララの全成分
水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

このようにアイキララに使われている成分は基本的にはほとんどが天然の成分となっています。

 

ちなみに目の周りの皮膚は顔の皮膚の中でも一番厚さが薄い部分であって、最も薄い部分はわずか0.5ミリ程度しかありません。

 

アイキララはこのような非常にデリケートな部分に塗るクリームなので、肌に刺激を与えないような成分の配合で作られています。

 

従ってアイキララは敏感肌の方はもちろん肌の弱い赤ちゃんや老人でも無理なく使えるような成分で作られています。

 

アイキララに使われている気になる成分

 

ここではアイキララに含まれている全成分の中で、特に気になる成分についてチェックしていこうと思います。

 

DPG

 

DPGは非常に安全性の高い保湿成分で、従来の化粧品によく使われている保湿成分であり刺激の強いPGにの代わりに使われている成分です。

 

ちなみにPGは現在でも多くの化粧品に使われている成分ですが、高い発がん性があるということで安全性が懸念されています。

 

そこでアイキララは高い保湿効果を得るにPGの代わりに安全性の高いDPGを使用しています。

 

コメヌカ油

 

コメヌカ油はアイキララに配合されている成分の中で、水、DPGの次に多く使われている成分です。

 

コメヌカ油は古く江戸時代から使われている成分であり、ライスオイルとも呼ばれる成分です。

 

コメヌカ油の特徴は高い保湿力を持ちながらしっかり肌に浸透し、さらに酸化しにくいことです。

 

特に肌の酸化を防ぐ能力はビタミンEの40倍以上と言われています。

 

したがってコメヌカ油は保湿だけでなく美白効果も期待でき、茶クマのようなメラニン色素が付着した目の下のクマのケアにも効果を発揮します。

 

パルミトイルテトラペプチド-7

 

パルミトイルテトラペプチド-7は4種類のアミノ酸から構成されるペプチドで、加齢によるシミやシワを防ぐ成分です。

 

さらにパルミトイルテトラペプチド-7には目の下の皮膚にハリと弾力を与える効果が期待できます。

 

アイキララは以上のような成分によりデリケートな目の下の皮膚を保湿しながらハリと弾力を与え、さらに美白効果を発揮しながらあらゆる目の下の悩みに対応しています。

 

>>アイキララの激安キャンペーンの詳細はこちら