MENU

アイキララは使い方を間違えると効果が得られない?

アイキララ,使い方
アイキララはこれまで化粧やコンシーラーで対策するしか無かった目の下のクマのためのアイクリームです。

 

目の下のクマを原因の根本から解消するだけでなく、目の下のたるみ、シワなどにも有効です。

 

使用者の8割以上の満足度を得ている評価の高い商品です。
アイキララ,使い方
そんなアイキララですが使い方を間違えると効果を得られないってご存知ですか?

 

そこでアイキララできちんとこうかが得られるように正しい使い方とコツを紹介します。

 

アイキララの使い方は難しい?

アイキララ,使い方

アイキララの使い方はとても簡単です

 

アイキララは使い方を間違えると効果を実感しにくくなりますが、基本的な使い方はとても簡単です。

 

アイキララの基本的な使い方

 

1.洗顔
アイキララを使用する前には手持ちの洗顔料を使って、メイクや汚れをしっかり落としてください。

 

特にマスカラ等が残らないように念入りに落としてください。

 

2.化粧水
手持ちの化粧水を使って肌をやさしく整えてください。

 

3.アイキララ

アイキララ,使い方

気になる部分にアイキララを塗っていきます。

 

まず手の甲にアイキララをワンプッシュ載せます。

 

それを薬指の腹で少しずつとって、上からトントンと叩くように肌になじませていきます。

 

クリームがしっかり馴染んだら、顔の内側から外側に向かってやさしくクリームを伸ばします。

 

4.乳液
最後に手持ちの乳液やクリームをアイキララを塗った部分に塗って、成分に蓋をします。

 

アイキララの使い方でよくある間違い

 

油分の多いアイテムを先に使ってしまう

 

アイキララは必ず乳液やクリームのような油分の多いアイテムを使う前に使う必要があります。

 

なぜなら油分の多いアイテムを先に使ってしまうと、油分がアイキララの成分が肌に浸透するのを妨げてしまうからです。

 

オールインワンタイプの化粧品も油分が多く含まれている場合があるのでアイキララの後で使うようにしてください。

 

毎日継続してケアをしない

 

アイキララで確実に効果を実感するためにはは朝と夜の1日2回のケアを毎日続ける必要があります。

 

しかしながら仕事や家事が忙しいからとアイキララのケアをサボったり、気が向いた時だけに使っていたりすると効果が実感しにくくなるので注意してください。

 

使用期間が短い

 

またアイキララで効果が実感できないと感じている人に非常に多いのが、使用期間が短いと言うことです。

 

こんなに長くアイキララを使ったのに効果が無いと感じていても、実は使い始めてから1ヶ月も経過していないなんてことはよくあることです。

 

そのためにも毎日しっかりアイキララでケアが行えているのかどうか、例えば卓上カレンダーなどにチェックしていくことをオススメします。

 

 

>>アイキララのお得な購入方法